秋田川連 漆塗竹竿 KawatsuraROD

TOPページへ
Kawatsura Rod
Landing Net
写真館
釣行記
Fishing Guide
BBS(過去ログ)
お知らせ
プロフィール
LINK
通販法に基づく表示

2004年3月

3/1  3/3  3/4  3/7  3/10  3/12  3/14  3/16  3/21  3/23  3/28 



3月1日
20040301-1 20040301-2
3月1日 宮城県荒雄川
待ちに待った解禁日。しかし、気温は氷点下で活性はかなり低そうだ。
始めてみるとすぐにガイドが凍り付いてしまう。水量ももう少しあると良いのだが・・・

20040301-3 20040301-4
3月1日 宮城県荒雄川
やっと今年のファーストフィッシュを釣り上げた。少しヒレマルだが48cmあった。
竿は新作の#4で7’11”。少し軟らかめなので大きいのが掛かったらどうなのか心配だったが、これが上がれば大丈夫だろう!

20040301-5 20040301-6
3月1日 宮城県荒雄川
どうも気配が薄い。あっちこっち歩いてようやく尺くらいのニジマスがヒット!
最終的にはこのポイントが最も魚影があり、ここで粘ることにした。

20040301-7 20040301-8
3月1日 宮城県荒雄川
今回同行した新木さんに待望のヒット!!!かなり良いサイズのようでなかなか寄ってこない。
ようやく取り込んだニジマスは44cm。周りの人たちはほとんどボウズ状態の中、僕等だけは何とか釣ることができた。良かった良かった!

20040301-9 20040301-10
3月1日 宮城県荒雄川
もう少し気温が上がればこんなのがガンガン釣れだすと思う。実は僕は十数匹もバラしてしまった(食いが悪いのとスレがほとんどのせいだと思う)
新木さんには綺麗なヤマメが釣れた。数年前から発眼卵放流を行っていた成果が現れてきたようだ。





3月3日
20040303-1 20040303-2
3月3日 山形県寒河江川
今日は楽しみにしていた寒河江釣行!しかし天気は最悪で気温は−4度。
それでも釣り人はいるんですよね〜自分たちのことは棚に上げてキチガイもいるんだなと関心してしまう。

20040303-3 20040303-4
3月3日 山形県寒河江川
降りてみるといきなり先に釣っていた兄さんの竿が曲がった。聞いてみると30分ぐらいやって2匹目だそうだ。
これは期待が持てそうだ!思ったよりも水が少なくちょっとした深みに溜まっているようで楽勝ムード♪

20040303-05 20040303-06
20040303-07 20040303-08
20040303-09 20040303-10
3月3日 山形県寒河江川
予想通りのダブルニンフ爆発!!!かなりコンディションの良い魚も多く、型は35cm〜48cm。
こうなると写真を撮るのも面倒になってきて、ネットに入れるのも面倒だ。残りの魚は針をつまんでリリース。(これがニジマス達にとっては一番良いのだが・・・)

20040303-11 20040303-12
3月3日 山形県寒河江川
今回同行した鶴岡さんにも40cmのニジマスがヒット!重いニンフのキャストに四苦八苦していたが、だんだん慣れてきたようだ。
午後一番のヒットは鶴岡さん!やっぱりここで簡単に釣りたかったら早い時期のほうが絶対良い。気温が少し上がれば#12のドライでバッコンバッコンって噂だ!?

20040303-13 20040303-14
20040303-15 20040303-16
20040303-17 20040303-18
3月3日 山形県寒河江川
僕は午後に入っても爆釣ムード!ストーンフライニンフが一番効果的だった。まあ、ニンフなら何でも良いのかもしれないけど・・・
3時を過ぎた頃から日が差してきた。太陽光があるとニジマスたちも凄く美しい!!!それにしてもドライで釣りたかったなぁ〜





3月4日
20040304-1 20040304-2
3月4日 山形県K川
昨日は十分にニジマス釣りを満喫したので、今日は一人でK川でヤマメ釣りをすることにした。
今日も気温は低く、時折雪が降る悪条件。しかし、ダブルニンフは大丈夫!数投目に小ヤマメがヒット。

20040304-3 20040304-4
3月4日 山形県K川
型は10cm〜15cmくらいだが、これはこれで面白い。
来週には気温が上がるらしいので楽しみだ。

20040304-5 20040304-6
3月4日 山形県K川
ここの対岸の巻き返し部分でこの吹雪の中、ライズを発見!!!すぐにドライにチェンジして狙うが風が強く難しい。
#22のパラシュートで乗せられず、#22のスペントユスリカにするとようやくヒット!!!今年の初ドライヤマメ、超うれしい〜♪

20040304-7 20040304-8
3月4日 山形県S川
その後はライズは無く、風が強くなってきたのでS川に移動。
一投目で掛かったがバラしてしまった。結構良い型だったかも?

20040304-9 20040304-10
3月4日 山形県S川
少し釣り上がるとまたまたダブルニンフ爆釣状態に!サイズもまぁまぁ。
20cm近いと結構面白い。一丁前にローリングまで見せるヤマメもいた。

20040304-11 20040304-12
3月4日 山形県S川
ひとつのプールで8匹連続で釣れた。ん〜ん、面白いな〜
その中で一番大きかったのがこのヤマメ。20cmを少し越えるくらいだが、今の時期にしては十分すぎるサイズだ。





3月7日
20040307-1 20040307-2
3月7日 宮城県荒雄川
朝起きると秋田はまぁまぁの天気だったので期待して鬼首に行ってみると凄い雪。それでも各ポイントには数名づつ釣り人が入っていた。
右は“ヒロアキエッグ”“ヒロアキ淵”で有名?な宏章さん。そのほか、キャストアップの佐藤さん、藤野さん、GO、清水さんも同行した。

20040307-3 20040307-4
3月7日 宮城県荒雄川
最初にヒットさせたのはやっぱり?僕だった。周りに人がいるところで掛かるとチョーうれしい!!!
まずは軽く40cmオーバーのニジマスをゲット!ちょっとした竿抜けの場所にいた。すぐにもう一匹掛けるも、針金に絡まれ切られてしまった。

20040307-5 20040307-6
3月7日 宮城県荒雄川
先日、溜まっていたポイントを皆で交互に攻めまくった。しかし反応は鈍く佐藤さん、GOも苦戦模様。
知らない人がやった後を僕が挑戦!2投目で軽くヒット。しかし、手前まで来てから痛恨のバラシ・・・気を取り直して、もう1度!

20040307-7 20040307-8
3月7日 宮城県荒雄川
すぐにまた掛かった!今度はガッチリ掛かったようであっさりランディングできたニジマスは38cmほど。
やっぱり、ギャラリーが多いとチョー楽しい!!!やっぱ、日ごろの行いがこう言う所で現れるんだよな(意味不明)

20040307-9 20040307-10
3月7日 宮城県荒雄川
3人くらいで攻めまくってた所が空いたようなのでそっちに移動。またまたすぐにヒット!ん〜ん楽しすぎ!50cmは無いが良く太ったニジマスだ。
同行した皆は全滅、他も釣った姿は無し。こういう条件で釣るのが今回の目標だったので、まずはめでたしめでたし(どこがだよ〜と聞こえてきそう)





3月10日
20040310-1 20040310-2
3月10日 山形県K川
あまりの良い天気につられてフラフラとK川に来て見た。急な温度の上昇でライズを期待したのだが・・・
降りてみるとほとんどハッチも無く、当然ライズも無し。と言うことは、Wニンフでスタート!

20040310-3 20040310-4
3月10日 山形県K川
この程度のヤマメが飽きない程度に釣れてくるが、どうも納得がいかない。
今日はドライで釣りをする予定だったのでニンフで釣れても面白くないので場所を変えることにした。

20040310-5 20040310-6
3月10日 山形県S川
S川の大堰堤の上に来て見るとたくさんのライズリングが広がっていた。
これはもう、釣ったも同然!!!早速、ユスリカアダルト#22を結んで15ヤード程の所からキャスト。

20040310-7 20040310-8
3月10日 山形県S川
当然、すぐにヒット!大きくは無いがやはり、ドライで釣れると面白いな〜。
3匹釣ったところでライズも無くなったので、今度は半沈みのブラックストーンフライパラシュート#18で釣りあがることにした。

20040310-9 20040310-10
20040310-11 20040310-12
3月10日 山形県S川
川の風景はこんな感じで冬状態だが気温の上昇は確実に魚たちには伝わってるようだ。
ライズは全く無かったが、雪の上にはストーンフライが結構いる。

20040310-13 20040310-14
20040310-15 20040310-16
20040310-17 20040310-18
20040310-19 20040310-20
20040310-21 20040310-22
20040310-23 20040310-24
20040310-25 20040310-26
3月10日 山形県S川
まさにこの時期にしては爆釣状態!淵だけではなく、瀬からも普通にドライに出てくる。100mほどの区間で25,6匹は釣っただろうか?
サイズ的には15,6cmが多かったが、最大で23cm、20cm前後が5匹ほど混じった。く〜、面白すぎ!!!

20040310-27 20040310-28
3月10日 山形県S川
十分に満足したが、帰り際に最初に入った堰堤上を覗くと、またライズしていたのでついまたキャスト!時計は5時を回っていた。
当然、すぐに2匹ヒット!この時期にこの時間まで楽しめればもう十分だ。





3月12日
20040312-1 20040312-2
3月12日 岩手県葛根田川
井上さんの爆釣の話につられて、急遽葛根田川に来てみた。しかし、気温は2度で風は強いし多少の濁りもある。
僕はとりあえずドライを結んで釣って見たが、何の反応も無い。佐藤さんはWニンフで一投目に釣ってしまった。

20040312-3 20040312-4
3月12日 岩手県葛根田川
佐藤さんはWニンフの釣りをマスターしたらしく、順調に良型を掛けていた。
そこそこの釣果はあるものの、濁りがどんどん増していく。ドライではもう無理になってしまった。

20040312-5 20040312-6
20040312-7 20040312-8
20040312-9 20040312-10
3月12日 岩手県葛根田川
こうなれば僕も諦めてWニンフにチェンジ!良いポイントからはまぁまぁサイズがそこそこ顔を出す。
中には9寸ほどの綺麗なイワナも混じったが、大半は痩せていて引きもアタリも弱々しかった。。

20040312-11 20040312-12
3月12日 岩手県葛根田川
濁りは更に増して、こんな感じになってしまった。しかも強風でラインは飛ばされ、まるで凧揚げ状態!厳しい釣りだな〜(涙)
それでも佐藤さんが泣き尺を釣り上げた。ピックアップしようとしたときに追い食いしてきたようだ。

20040312-13 20040312-14
3月12日 岩手県葛根田川
この強風では釣りにならず、下流に移動。車止めの近くのプールでちょっとだけやってみる。
僕はこの場所だけで5匹掛けた。佐藤さんは釣り下り、2匹ゲット!何か納得いかないが条件なので仕方が無い。





3月14日
20040314-1 20040314-2
3月14日 岩手県葛根田川
先日は濁りと強風でやられたので、今日はドライで釣るためもう一回葛根田に来た。しかし、気温は0度ガイドが凍り付いてしまう。
 ちょっとした晴れ間にライズを発見!ブラックストーンフライパターンで出るかと思ったが、#24のピューパまで出しても出ず、最後はコカゲフローティングニンフ#18でヒット。苦労したが、これが面白いんですよ!!!

20040314-3 20040314-4
3月14日 岩手県葛根田川
同行したGOとJUNが僕のところまで釣りあがってきて、僕の釣りを見物。ちょっと前に見つけていたライズを狙ってすぐにゲット!
この低気温の単発ライズを2つとも仕留めたのでもう満足だ。

20040314-5 20040314-6
3月14日 岩手県葛根田川
川はこんな感じ。午後からは地元の藤平さんが来てくれて、下流を案内してくれた。
先日の濁りは無く水量も減って条件が揃った。しかし、気温が上がらず小雪が舞い相変わらずガイドが凍りつく。本当にドライで出るのか!?

20040314-7 20040314-8
3月14日 岩手県葛根田川
最初、藤平さんだけドライでやってみると、なんとすぐにヒット!もう僕もすぐにドライにチェンジ!!!
これだけ気温と水温が低いのに何でドライに出るの?って感じだが、もうどうでも良い。結果こそすべてなんですよ♪

20040314-9 20040314-10
3月14日 岩手県葛根田川
やってみると、やっぱり出るんですよこれが!しかも普通のポイントからヌッと出てくるからこれが不思議?
8寸ほどがアベレージで、ドライで狙った後はニンフで狙うとまた釣れるんですよね。これこそC&Rの効果が爆発している感じです。

20040314-11 20040314-12
3月14日 岩手県葛根田川
藤平さんは順調にドライで釣っていた。フライはブラックパラシュートの#16。
このプールでは僕らが攻めまくった後にJUNがニンフで良型を掛けていた。これでもう彼もダブニンに夢中!?

20040314-13 20040314-14
3月14日 岩手県葛根田川
今回同行してくれた地元の皆さん。先行させていただきどうもありがとうございました!
それでもニンフでそこそこの釣果があるのだから、凄い魚影の濃さだ。

20040314-15 20040314-16
3月14日 岩手県葛根田川
GOは最後に尺イワナをヒット!藤平さんから頂いたフライで釣ったようだ。
6人で釣り上がって、皆釣れるなんて夢のような川じゃないかな?釣り人も他にはほとんどいないし・・・。

20040314-17 20040314-18
3月14日 岩手県葛根田川
僕の#18、半沈みのブラックストーンフライパラシュートにも順調にヒットした!10匹ほどだったが、今日はドライで釣れたので大満足!!!
これが崩壊の玄武洞。見てるうちに小さい崩壊があり、本当に危険な状態。近づかないように!

20040314-19 20040314-20
3月14日 岩手県葛根田川
帰りに“仙岩峠の茶屋”で食事。かなり、日が長くなってきたな〜
下に見えるのは、去年良い思いをした生保内川の流れ。今年もあの尺ヤマメ達は健在だろうか?





3月16日
20040316-1 20040316-2
3月16日 山形県寒河江川
今日は仕事で身動きが取れないはずだったが、起きてみると快晴でもうお尻の穴がムズムズしてきてしまい、結局釣りに来てしまった。
この時期の快晴でライズがあるかと思い、寒河江に来た。しかし、先行者が10人ほど。クロカワゲラのハッチもなし、暖かく風が無いのは良いのだが・・・

20040316-3 20040316-4
3月16日 山形県寒河江川
1時間ほどドライでやってみたが、全く反応はなし。しょうがないのでWニンフでやってみるとやはり釣れて来る。
3月も半ばに入ると、クロカワゲラのハッチが終わってしまい中途半端になってしまったらしい?

20040316-5 20040316-6
3月16日 山形県寒河江川
温度は10度くらいあり、雪代も出ず、風もほとんどない最高の条件で川はこんな感じ。
ユスリカが数匹飛んでいる程度で他は全く無し、この条件で何で何にもハッチしないんだよ〜!!!(日ごろの行いが悪いのかも?)

20040316-7 20040316-8
3月16日 山形県寒河江川
同行した佐藤さんはWニンフで良型をヒット!以前来たときはダメだったが、ダブニンをマスターした今ならもう大丈夫!?
ストマックで見てみるとストーンフライとヒラタのニンフが結構入っていたらしい。

20040316-9 20040316-10
3月16日 山形県寒河江川
僕も40オーバーを連続ヒット!しかし、ドライを期待してきただけに何か物足りない。
それでもガイドが凍ることや、指先がかじかむことから解放され穏やかに釣りができて楽しい釣りになった。

20040316-11 20040316-12
3月16日 山形県寒河江川
今度は佐藤さんとのWヒット!しかもどちらとも45cmほどはゆっくりある。周りで釣っていた方、お騒がせしてすみません(笑)
このヒットの前、ライズを1つ発見!すぐにドライにチェンジして数十分粘ると、大きな口がバクッと#18のブラックストーンフライパラシュートを飲み込んだように見えたが、何とすっぽ抜け・・・チョーショック!!!

20040316-13 20040316-14
3月16日 山形県寒河江川
諦めきれず僕はドライで狙い続けたが、後は全く反応無し。あ〜あ、あのワンチャンス何で掛からなかったかな〜?
僕の後悔を尻目に佐藤さんはWニンフで良型を数匹釣り上げていた。まぁ、こんな日もあるよな(負け惜しみ?)





3月21日
20040321-1 20040321-2
3月21日 仙北郡K川
いよいよ秋田も解禁となり、これから本格的にスタートです。K川の下流部に来て見ると少し雪代が入り増水気味。
よく見るとこの辺は北海道の川に似ていて雰囲気が良い。しかし、居る魚は違うんだよな〜

20040321-3 20040321-4
3月21日 仙北郡K川
まずは僕が秋田の初ヤマメ!綺麗な魚でホッとした。
その後、浅めの場所でドライでやってみたが反応なし。

20040321-5 20040321-6
3月21日 仙北郡M川
午後からは、成魚放流のM川で皆でライズを狙うことにした。宏章さんはやはり?苦戦!!!
しかし、とうとうダブルニンフで今年の初ヒット!で記念撮影。4台のカメラで取り囲まれた宏章さん。僕はドライで10匹ほど釣って満足でした!





3月23日
20040323-1 20040323-2
3月23日 仙北郡M川
来て、橋の上から覗いてみると無数のライズリングが広がっているではないか!!!。
真下でも9寸くらいのヤマメが盛んにライズを繰り返していた。これは楽勝ムードだ♪

20040323-3 20040323-4
3月23日 仙北郡M川
ところがフライにはすこぶる反応が悪く、僕は1時間ほどやって1匹しか釣れなかった。佐藤さんは橋の上から2匹も釣ってしまった!これって反則!?
ストマックを見てみるとこんな感じ。アダルトがメインだが、ピューパ、シャックなども混じっている。捕食レーンが問題のようだ。

20040323-5 20040323-6
3月23日 仙北郡S川
M川は後でもう一回やることにして気になっていたS川を釣ることにした。川の状態は良さそうで期待したが・・・
このポイントが有名な“ヒロアキ淵”。餌釣りの人が相当入っているみたいで反応は全く無し。

20040323-7 20040323-8
3月23日 仙北郡S川
水量もちょうど良く、気温も上がってライズしそうなのだが静まり返っている。やっぱりこの川は雪代後でないとダメのようだ。
スカパーの釣りビジョンで餌釣りが放映されたのでますます人が入ってしばらくは来ない方が良いかもしれない。

20040323-9 20040323-10
3月23日 仙北郡M川
2時くらいからM川に戻ってみるとライズはほとんど無くなっていて対岸には小学生がずらり並んで餌釣りやらルアーやらバッチャン、バッチャンやっている。
かなりガッカリしたが、良く見ていると多少のライズはあるようだ。

20040323-11 20040323-12
3月23日 仙北郡M川
朝の凄いライズの中で良くなかったので期待しなかったが、今度は数少ないライズが確実にフライに反応してくれる。
2時間ほどで13,4匹釣った。大きいので8寸ほど。ギャラリーが小学生というのはどうかと思うが、結構楽しい釣りになった。





3月28日
20040328-1 20040328-2
3月28日 山形県月光川
今日は、丁川、甑川を見に行く予定でいたが、あまりに良い天気の予報だったのでGOと月光川に行くことにした。
いつものプールを覗いてみるともうあちらこちらでライズが始まっていた。

20040328-3 20040328-4
3月28日 山形県月光川
とりあえず、シロハラのスペントを流すとすぐに22,3cmのヤマメがヒットした。
ストマックは#18くらいのカディスピューパが一杯入っていた。

20040328-5 20040328-6
3月28日 山形県月光川
早速、フローティングカディスピューパ#18にすると、また同サイズの良型がヒット!これこれ、これが楽しいのよ!!!
と思ってストマックを見ると、カディスピューパは1つだけで、残りはストーンフライとユスリカ。何か変!?

20040328-7 20040328-8
3月28日 山形県月光川
後はどんどんサイズが小さくなってきたので、いつもの瀬を釣り上がる事にした。
この川のこの景色が何とも言えなく好きだ。去年も同じような写真を撮ったような気がするが・・・

20040328-9 20040328-10
3月28日 山形県月光川
良いポイントからはほとんど反応があるが、サイズはこの程度。良くて20cmだが、瀬から出てくるので楽しかった。
コカゲスペントで釣れたヤマメのストマックはユスリカピューパのみだったので、#20のフェザントテールで水面直下をやったらもう、入れ食い状態!!!しかし、サイズは12,3cmほどがほとんどで、20匹ほど釣って飽きてしまった。

20040328-11 20040328-12
3月28日 山形県月光川
同行したGOも快調に釣っていたが、20cmオーバーはほとんど釣れず不完全燃焼。
そろそろシロハラが出る頃なのだが、フタバが2匹飛んでたのを見ただけでまだ少し早いようだった。

20040328-13 20040328-14
3月28日 山形県月光川
夕方は、最初やったプールに移動。1人、良い所に入っていて小ヤマメを5匹ほど掛けていたが、僕は仕方が無く下流部に入ることにした。
水面を良く見ると大きな三角形が5,6箇所に次々と水面をそっと割っていた。喜んでフライを流すも全く反応無し。ん〜、何で???

20040328-15 20040328-16
3月28日 山形県月光川
ようやく釣ったイワナは26cm。実は、滝さんに頂いた#24くらいのシャックのみのパターンで1発で出た!
ストマックはシャックのみで一杯かと思いきや、ユスリカアダルト#30くらいとストーンフライ。その後は小ヤマメ5,6匹で終了!他のあの三角頭はもっとでかかったので確実に尺イワナであることは間違いない。しかし、どうやったら釣れるの???


TOPページへ 写真館へ戻る

◆本サイトに掲載されているいかなる内容も、無断転載を禁止させ ていただきます。
お問い合わせは下記アドレスまで。
nao.8@oregano.ocn.ne.jp